スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマりもの

最近、次男坊がハマってるもの

『ウサビッチ』

知ってる人いるかな?


ワシは以前に動画で見てたんだが、それを見てハマってしまった次男坊。おまけに親父までも見てはクスっと笑っておる。←ハマってる


次男坊と買い物に行く度

グッズを買ってとねだられ・・・・←速攻、却下
UFOキャッチャーで取ってとねだられ・・・←勿論、却下

ウサビッチの着ぐるみが来るイベントにも片道小一時間かけて遠征(;´Д`)ノ

たまたま見たUFOキャッチャーで取れそうなヤツを2個ゲットしてやったがね。
ウサビッチ


それだけでは済まないのが・・・・・・・・・
帰りに晩飯の買い物をしていると、次男坊が
『ニンジンステーキが食べたい!!』と。
    ↑
  ウサビッチ第1話参照

いやぁ~ネットって本当に素敵。
「ニンジンステーキ」で検索すっとレシピまで出てくんのね~(-ω-;)

仕方ない。作りましたはー・・・・・・
本当は葉付きの人参らしいが売ってなかったので「らしく」ワシのつまみの枝豆で葉を演出。
にんじん

こんなん完食してるんですはー坊主達←人参大好き
気分を味わう為にわざわざフォークとナイフ使ってね。

ついでに親父にもこんなん作ってみた
弁当



先日も買い物行ってバカ親子は一時間もUFOキャッチャーやってるし。
ワシはのんびりアイス食いながら待ってたけどね・・・
当分「ウサビッチ熱」は止まる事は無いみたいっす(-ω-;)
スポンサーサイト

力を貰いに・・・

前回の怖い話の続編とまではいかないけど・・・・

その後に起こった出来事っす。

怖くないけど一応、行間取っときますはー




























あの事があってから次男坊に少しずつ曖昧に話をする事にした。

丁度、興味を持ってる「怪談レストラン」を一緒に見ながら・・・・・
本を買って読んでるんだが、さりげなく一緒に覗き込んで話たりしてみた。

次男 「ママ、お化けと幽霊って本当に居るのかな~」
ワシ 「居るかもしれんね~。ただ、見える人と見えない人がいるんだよ」
次男 「ママは見えるの?」

キタ━━━━(lll゚Д゚)━━━━!

ワシ 「ママは見えるかもしれないねぇ~。お前にだって見えてるのかもしれんよ」
次男 「オレにも?」
ワシ 「ただ、幽霊だって良い幽霊と悪い幽霊が居るし・・・・」
次男 「呪われたりしない??」
ワシ 「大丈夫、ちゃんと・・・ばあちゃんが守ってくれるから」


そんな会話をしてね。

あんまり真剣に本当の事を言う時期ぢゃないと思ったんで軽くね。

それから程なくして・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空手に送って行く際にこんな事を言い出した。

「ママ、東京のばあちゃん(ワシのばあちゃん)のお墓行かないの?」

それは本当に突然。
何の脈絡もなく、ふいに言ったんだよ。
よく考えたらその日は15日。東京のお盆。

平日は学校も仕事もあったので連休中に行く事にした。

そして連休。内職を手早く片付けて墓参りに出かけた。
親父は仕事、長男は部活なので次男坊と二人でね。

相変わらず次男坊は込み入った墓を間違えもせずに、ばあちゃんのトコに向かう。
ワシが入口にある水道で手桶に水を汲み、柄杓とブラシを用意している間にトコトコと向かっている。

墓に向かうと次男坊が難しい顔をして墓を見つめている。
何かを探しているみたいだった。

「どうした?掃除するよ」
そう声を掛けたと同時に次男坊は墓の裏側を覗き込んだ。
すると何かを見つけたようで、裏側に手を突っ込んだ。
手には長い雑草一本。

「おばあちゃんが背中がかゆいって言うから取ってあげた」

そう言うと手桶からブラシと柄杓を持ち、いつも通りに掃除を始めた。
掃除を終え、お茶・酒・花そして線香を供えて手を合わせる。
「また来るからね~」
手を合わせ目を閉じたまま、いつも次男坊はこう言う。

まるで、ばあちゃんと会話しているかのように。


不思議な事に次男坊。ワシのばあちゃんの墓参りの事しか言わない。
変な話だが去年、二人のひぃばあちゃんが亡くなったとゆーのに・・・
ばあちゃんと次男坊。気が合うんだべか( ´ー`)
ばあちゃんに守ってもらえると勝手に思ってたりして、そんなに心配してないんだよね。ワシ。

車にイタズラすなっ!

リアルタイムネタっす(ーー;)

ワシ、会社では事務所の前に車を停めて仕事しとります。

たまーーーに大型のトラックが入ってきて積み下ろしの邪魔になる事があるんで鍵はつけたまま駐車。

今までは外や奥の駐車場に置いてたんだが、最近は事務所前に置く事が多くて運送屋のお兄ちゃんや来社してきた人に覗かれます。

よく言われるのが

「ハンドルのトコ。なんでマークが黄色くなってんすか!?」

おもろいのでワシも

「あ~。アレ?ターボボタンなんですよ☆彡アレを押すとターボかかるんです!(´∀`*) 」と答えてます。

勿論、嘘っす。
シャレの通じる人にしか言わないっすよ。
愛人君が付けてくれたんですがね。ターボボタン。
因みに助手席のアイルーちゃんも愛人君からのプレゼント←ココ重要
100714_1017~01


んで。今日。
朝一の引取&納品があったのでトラックで出かけてきたんですはー。
愛車の鍵はつけたまま。

外回りを終えて会社に戻り、積荷を下ろして事務所に入ろうとしたら・・・・・・
100714_1016~01

Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)エッッッッッッ???

ワシの愛車。アイルーちゃんがハンドル握ってますた!
しかもご丁寧にセロテープで固定されてるしヽ(´Д`;≡;´Д`)丿イヤーーー  

聞くとワシが出かけてる間に従兄弟が仕事の打ち合わせに来ていたようで、いたずらして帰ったそうな・・・・ 

すぐさま苦情の電話と嫌がらせメールを送りつけてやりましたがね(゚Д゚)y─┛~~クソッタレ 

これから出かける時はきっちり施錠せねば(`・ω・´)
でも・・・アイルーちゃん持っていかれなくてよかった・゚・(ノД`)・゚・

金か地位か平凡か

先日、ある方から携帯にメールが・・・・
「コメも出来なくてごめんね。(つД`」って内容でありまして。

コメなんざなくとも勝手に吐いてるから気にしないでねっ!

お互い、体を壊さないように行きやしょう。・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァン


以上。私信。



あー・・・・・・夏ギフトの時期ですなぁ。
今年はうち、大量にギフトが来てましてん。。。。。。。。。。。。


親父が昇格したんですの。
支店で二番目のポストにね。

だからか知らない名前の業者さんから届く届く。
一応、お断りはしているみたいなんだがねぇ届くのよ。

ありがたい事ではあるんだが、困惑しとります。

それに、ポストが上がった=給料アップ

ではあるものの出費もままならない。
冠婚葬祭は勿論、今まで出席しなかった会議や飲み会まで全て参加しなくちゃならない。
まっ「親父元気で留守が良い」のワシとしては良いんだが一か月に3回も4回も飲み会に行かれると

ワシが飲みに行けないぢゃんよ
(゚Д゚)y─┛~~ 

↑ ↑
コレ一番大事だから。

休日も先月はありませんですた。
一応、休日にはなってるものの、やはり会社に行って報告なぞするみたいで半日行ってたりね。
資格を取るための講習に行ったりでまともな休日は2日くらいだったかな。
空手の送迎も今までワシが送って行って、帰りは親父が迎えに行ってたんだが(21.22時)それすらも出来なくなる残業っぷり。
おまけに残業時間が多いと支店評価に関わるのでサービス残業だったり・・・・


今までは休日にゲームやってゴロゴロされると腹も立ったがね。
仕方ない、晩飯当番と皿洗いだけで許してやりましたさ←ココはキッチリとな!

んで・・・一番イタイのがノルマ。
えぇえぇ販売業なのでノルマをこなしてナンボの成績だからねぇ~。
成績が悪けりゃ査定にも響くし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

左遷

って文字が頭にチラチラする訳ですはー((( ;゚Д゚))ガクガク


車だけ売ってりゃ良いものの他のモノにまでノルマがあるからたまらんよ(゚Д゚)y─┛~~ 
なかでも携帯を売るのが大変でね。
今時、皆持ってるし値段が上がったので容易に売れない・機種変も勧められない。

それなのにノルマは全うしなくちゃならない。

先日、愛人君からメールが来て・・・・・・・・・・・・
「3台買っちゃった支払いがイタイ・・・泣きそう」
ってね。・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァン

あの。ヴィトンの財布が一個買える金額だからーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ

そう、ノルマをこなさないと親父が上に叱られるから頑張ってくれたんだよぉ。・゚・(ノД`)・゚・。ゴメンヨー
うちも仕方なく買うけどね。使わないのに・・・


なんだかねーーー。
ワシもそうだが親父も「地位」とかに拘らない性質なので今回の異動は不満なのよ。
贅沢な愚痴なのかもしれんがね。
金は困らない程度にあって、休みは必要最低限に取れて、周りの人に援護されずに仕事が出来れば良いのだよ。
これが一番だと思うんだよねぇ。

もっと厳しい状況の人も居るとは思うが・・・・・
金も地位もあっても・・・幸せぢゃないってあるんだよね。
少なくとも今のうちは、そんな感じかな~
降格してくんねーかなぁil||li(-ω-`;)il||li ボソッ

血を継ぐ者

久々に行きますね・・・・・・

夏だしね。そんな時期だしね。

ご新規さんのトコでもそんなネタやってたしね。




多分、明日も暇だから・・・この記事トップにしないよう更新すっからさ。





ココまで書けば勘の良い信者さん方はお判りね。
はい。ちょっと怖い話っす。しかも最近のね・・・・

毎度ながら行間取るので読みたくない方はココでばいばいきーん☆彡







































相変わらず土日は内職の日々。
しかし、この景気の悪さで品物の動きは悪く仕事も少ない。
今まで土日フルにやって更に月曜の午前中かかってやった量の仕事は最近無い。

土日は長男が部活で不在の為に暇な次男坊。友達と遊ぶ予定があれば出かけるが、雨が降ったり友達との都合がつかないと暇になっちまう。

なので内職が少ない時は極力、土曜に片づけて日曜は次男坊とデートするようにしておる。

普段は車で移動が多いので、敢えて電車で移動したりね。
まっ・・・駅まで遠いので駅までは車で行くんだがil||li(-ω-`;)il||li

ワシが使う路線にひとつ。苦手な駅がある。
その駅をスルーして次の駅、もしくは次の次の駅まで車で行って電車に乗りたいんだが・・・・
日曜のコインパーキング事情で仕方なく最寄の駅に車を止めて電車に乗る。



苦手な駅は最寄駅の次。

本当にスルーしたい駅なのだ。

世間では大型ショッピングモールがあって華やかなイメージ一辺倒になってはいるがね。

ワシはその駅が出来る前に、その場所で怖い思いを何度も経験している。
そして駅が出来て初めて長男を見送りに利用した際も怖い思いをした。
なのでいくら電車に乗っていても、その駅を通過するのが怖くて仕方なかった。
1人なら何とかなっていたが、次男坊も一緒となると躊躇した。


しかし・・・電車に乗って通過するだけなら、ほんの何秒・何分もかからないだろうと・・・・・
思って敢えて次男坊と乗って出かけた。



行きは・・・・ワシはその駅を通過する際にサブイボが立つくらい嫌な感じがした。
しかし次男坊に変化はなく、特別問題なかったので目的地まで安心して行ったもんだ。
都会の大きなストアで買い物をし(愛人君のラムネとかね)大きな荷物を持って帰りの電車に乗った。

都会から電車を乗り継いで、最寄駅のある路線に乗る。


乗換の時。
また嫌な感じがした。
行きも嫌な感じはあったものの、帰りはその路線に乗るのがもっと嫌だった。

偶然にも、その路線は空いていて座席に座れた。
歩き疲れて眠りそうな次男坊を抱き寄せるように一番端。ドアの近くにワシは座った。


この電車は一駅が長くてね・・・・次男坊はウトウトし始めた。

→→K駅→M駅→T駅(苦手な駅)→Y駅(最寄駅)

ってな感じなんだがね。
一駅だいたい5分くらいかかるんだよ。区間が長いんで。


爆睡してた次男坊がふとK駅で目を覚ました。
まだ最寄駅に着かないと確認してまたウトウト・・・・・


ところがM駅に電車が止まった時点でハッ!!!!と目を覚ましたんだよ。


そしてね。


「ママ、次の駅で降りなくちゃ。おいでって言われてるから降りなくちゃ」

そう言うんだよ。
寝起きで寝惚けてると言えばそれまでの話。


でも、ワシのサブイボも出てたんだよね。次男坊が起きる前に。


なので次男坊の手を強く握って

「降りるのはY駅だから。それまで寝てて良いから」

そう言ったんだ。本当に手を強く握って・・・・・
普段なら絶対「ママ痛いよ」って言いそうなくらい握っても
次男坊は感覚が無いのか無言のまま、次の駅の方角をじっと見てるんだ。

電車がゆっくり動き始めて、その駅に近づいてく


絶対に次男坊の手は離さないと余計に力を入れた瞬間
もっすごい体の変化。

背中に氷の塊を当てられたような寒気と体中に鉛を付けられたような重圧感、そして
高山に行ったような空気の重さ。

それは同時に次男坊も起こったようで・・・・・・・・・・・・・・・・・
空手の稽古時に見せるような姿勢の良さ。背中に物差しでも入ってるんぢゃないかってくらいの背筋。
視線はある一点を凝視、何よりワシの力に応対するくらいの握力。
金魚鉢から飛び出てしまった魚のように口をパクパクさせている。


同時に電車はT駅に到着した。


ホームには少ないながらもドアが開くのを待ってる乗客。
そしてその背後のベンチに座ってる人がいる。

電車が到着したというのに立ち上がりもせずに俯いて座っている。
1人は作業服を着た男の人。
1人は和服姿で日本髪を結ったおばあさん。
1人はダウンコートを着て派手っぽい長髪の女性。

三人を確認してから次男坊を見ると

「ほら☆彡あの人達がおいでって言ってるんだよ」


と立ち上がろうとする。

ドアが開いて乗客が乗り込んでくるのに三人はビクともしない。
ずっと座ったまま・・・・・こっち見てるーーーーー((;゚(;゚(;゚Д゚)゚)゚))???!!!
しかも次男坊に向かってか手まねきしてるーーーーーーーーーーーーー





周りの乗客の目もあるので

「降りるのは次だってばー」
と繕いながら次男坊を抑え込んで座らせた。


ドアが閉まるまで・・・・・きっと1分もなかったんだろうが
すっごく長くてね。


ドアが閉まって電車が動くまで・・・・次男坊を離せなかった。


そして車窓から見えた3人は悔しそうな、舌打ちしてそうな顔をしてたんだよ。
揃ってこっち向いててね。


電車が動いてから次男坊はまたウトウト。
力がガクーーーンと落ちて、疲れ切った子供が寝落ちしたみたいな感じだった。

最寄駅に近づいてきたので次男坊を揺り起すといつもの通り。
「眠いから家に帰ったら昼寝しようかな~」
なんて言ってる。

コインパーキングから車を出して帰る際、こんな事を言った。


「最近、友達と遊んでると俺には見える人を友達は見えないって言うんだよーーー。あそこのトコに居るじゃん!って教えても友達は見えないんだって。変だよねーーーーー」


その流れでワシはとっても次男坊に駅での出来事を聞いてみたかった。
本当に切実に聞いてみたかった。



すると次男坊は


「さっき、ママ俺に行っちゃダメって言ったでしょ?ちゃーんと聞こえたんだからね。何が行っちゃダメなの???」

だと。

そう。手を握って「行くな行くな」と念じてたからね。

どうやら次男坊は未だ気づいてないようだ。
力はあるけど「それがなんなのか」って。



実際、ワシも悩んでるんだよね。
正直に話したほうが良いのか・・・・・自然に任せるのが良いのか。
以前からちょっと気になってたが今回、ほんとに心配になってきたからな~
もし、自分にそんな力があると判ったら・・・・皆はどーなん??(´・ω・`)
プロフィール

猫丸

Author:猫丸
★登場人物★
猫丸・・主婦湿疹とPMS持ちの主婦。内職で大好きなビール代とパチンコ代を稼ぐ
親父・・猫丸の旦那。
    ガンプラとゲームが大好き
長男・・中学2年生。物凄いマイペース(||||▽ ̄)
次男・・小学6年生。親父の血を色濃く継ぎガンダム大好き



本館へ


★お友達サイト★

(足跡の足跡)めんたる系


パチンカス伝説~神風特攻組一番隊隊長~


ちびてつの成長日記


ももの独り言


今日も五月晴れ!?


mocomoco日記


しろくまおやこ(^(ェ)^) *育児マンガ絵日記*



↑ みさきさんから頂きました♪

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。