スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫丸的回顧録

ちょっくら・・・おセンチな記事ですんで・・・



時間に余裕の有る方と「自分も思い出に浸りてぇ」って方は読んで下され。






ワシの守護霊様は母方のご先祖様ですの。
そう有る方に言われましてね。色々と妙な繋がりがあったりしてワシは本気でそう思ってます。

だから母方のお墓参りは時期がズレても絶対に欠かしません。
長男の誕生日(1/6)ってワシのばあちゃんが「千の風になった日」なんですの。
ばあちゃんは1/2に病気で亡くなったんですがね
正月は斎場も休みだもんで・・・火葬・納骨がズレて6日になったんですわ。


だもんで、今日。ばあちゃんのトコに行ってきやした。
内職も全て終わらせて坊主達と一緒に。親父は仕事なので・・・

お墓に着くと坊主達は「勝手を知ってる」といった感じで
手桶に水を汲み、ブラシと柄杓を持って
ばあちゃんの墓に進んでいくんですわ。
以前にも書いてますが、ばあちゃんの墓ってのは都内の小さな寺院なので通路も狭くゴチャゴチャしてるんですの。
似たような墓が並んでいたりしてね。
それなのに坊主達は年に数回しか来ないのに、ちゃーんと場所を覚えとります。
ワシが黙っていても墓に水を掛けてブラシでこすって汚れを落とし
線香を置く場所の水気を取り払い
花受けに花を挿してくれます。
長男が・・・持っていった湯呑み茶碗に、ばあちゃんの大好きだった日本酒を注いで供えてくれて・・
ワシが線香に火をつけて供えて、三人で手を合わせると
必ず声が聞こえるんだよね。

「ありがとねぇ」

って。ばあちゃんの声が。

ワシは慣れっこなんだが
今回は二人とも聞こえたようで

「ママ!!今、ありがとねぇって言った?」

と聞いてきた。
今までは長男だけが聞こえたり、次男坊だけが聞こえたりって
二人同時に聞こえてなかったんだが今回は二人に聞こえたらしい。


だもんで・・・・

「きっと、ばあちゃんがお礼を言ってくれたんだと思うよ。
お墓を綺麗にしてくれて「ありがと」って。」


坊主達も半信半疑ながら墓に向かって

「また掃除しに来るからねっ!!
またね!!」


って挨拶しとりました。

やっぱり坊主達にも・・・・・ワシと同じ力があんのか???????????



そんな事を頭で考えつつ
先日TVで放映されてた某所に行きやした。


ソコは


亡くなった、ばあちゃんが住んでた町でしてね。
ワシも小学校の頃は毎週のように遊びに行っとりました。
土日、学校が休みの時は電車に乗って一人で、ばあちゃん家に行きやした。
駅から歩いて10分。
実家から電車を乗り継いで駅に着くとばあちゃん家に電話してね・・・・
ばあちゃんが駅に歩いて迎えに来てくれるまで「お大師さん」で鳩と戯れたり
お大師さんの近くにある団子屋さんの前で団子を作る風景を眺めてたりして

ばあちゃんが来てくれるのを待ってたもんです。
ばあちゃんが来ると必ず団子屋で団子を買ってくれて・・・
ばあちゃん家に着いてから一緒に団子を食ってました。

うちに遊びに来る時も必ず、ばあちゃんは団子をお土産に買ってきてくれやした。



中学生になって親と喧嘩して家出した時も迷わず、ばあちゃん家に行きやしたよ。
学校をサボって電車に乗り、お大師さんの駅まで行き
制服姿で鞄を持って、ばあちゃんの家までトロトロと歩いたもんでした。

ワシの成人式。
ばあちゃんはもう、歩くのがやっとの体だったので式が終わってから
ばあちゃん家にタクシーで乗り付けて見せに行ったんですわ。
そして、その時も一緒にお大師さんに行きやした。


それが、ばあちゃんと一緒に行った「最後のお大師さん」だったんですがね。



今日、久しぶりに行ってきやした。坊主達と。
墓参りの後にちょっと寄り道して。


080114_1631~01


暫くぶりでしたが・・・・
懐かしい場所でしたよ。
ばあちゃんと行った団子屋もそのまま・・
一緒に甘味を食べた店もそのまま・・・

坊主達と歩いているうちに涙が出そうになりやした。
お大師さんで遅ればせの初詣をして、おみくじを引いて。

出店がたくさん並んでいて・・・・・
いつもならワシ「500円までなっ(゚Д゚)y─┛~~ 」って言うが
なんだかココに長く居たくて
坊主達と一緒にはしゃいでおった。
「金平糖すくい」とか「射的」とか・・・・・

お大師さんを後にして、ばあちゃんの家があった場所に車を走らせた。
昔と変わらず細い路地を入って行って・・・・・
家の立替が激しくて昔の面影は一切無いが・・・

いつも車を停めてた場所。
公園の前。
ソコに車を停めて一人で思い出に耽っていたら坊主達が

「そこの公園で遊んで良い???」

と言い出してね。
もう夕方で薄暗いんだが遊ばせる事にした。

ワシがばあちゃん家に来ると、いつも遊んでた公園で三人で遊んだ。
公園は多少、遊具が変わっているが砂場とかジャングルジムの位置は変わらず
そのままで・・・・
隣りに銭湯が残っていた。

三人でブランコに乗っていると

長男  「ママ!この煙突は何?」
猫丸  「ここはねぇ、銭湯。お風呂屋さんなんだよー。
ママがばあちゃん家に泊まりに来ると必ずココに行って、お風呂に入って・・・コーヒー牛乳を飲んだもんさ♪」
次男  「オレもお風呂入りたい!!そんでコーヒー牛乳飲みたいっ!!」

ってな会話をしとりました。

本当にね。
ばあちゃんが今でも生きてたら・・・・
坊主達を泊まりに行かせたりして
ココの公園で飽きるまで遊んだり銭湯でコーヒー牛乳飲んだり出来たのに。
ばあちゃん家は「駄菓子屋」だったのでワシも楽しかったんだよ。
それを坊主達にも体験して欲しかったなぁ。





080114_2037~01

ばあちゃんとの思い出の団子
いつも「こしあん」指定で♪今日も「こしあん」だ!


やっぱ人間、ゆとりって必要だぞなぁ。
ワシは今日・・・・久しぶりにゆっくり出来た!!と心底思ったわ。
こんなに自分の昔に浸るほど余裕が無かったから。(つД`
明日からまた頑張れそうだ!

コメント

非公開コメント

いいねぇ(*´∀`*)

私が生まれたときは既におじいちゃん1人しかいなくて…しかも他県だったから、年1で会う程度だったから、そういう風景はホント憧れるよ。
お墓参りして、いつも「ありがとねぇ」って声をかけてくれるおばあちゃんはきっとものすごく温かくて優しい人なんだろうな(*´∀`*)

その優しさは思い出になっても確実に坊主くん達をおおきく包んでくれてるしね。
そんな優しさを学んだ猫丸さんの思いを受けてどっぷりと遊んでこれたんだもんね!

えぇ話や(つД`)






でも、小さい頃の「猫丸さん」って表記で、現在の猫丸さんを2頭身にした姿がポンと頭の中に出てきたよ。ちょっと面白かった(笑)

おばあちゃんとの想い出っていいね~~
うちは父方も母方も私が小さい時に亡くなっているから・・
想い出ってほとんどないんだよね~
たまには昔に戻ってみるのもほんといいよ。
息子ちゃんたちも楽しんだようだし、猫丸さんもリフレッシュできて良かったね。

ねこママはばあちゃんと同居してました。
ええ、思い出はたくさんありますねえ。亡くなったのはねこママが高校二年の時だから。
今もしっかりガッチリと覚えていますよ。記憶が薄れるということがないのは不思議。

お久です!

いやはやあけましておめでとうございます。
遅くなりまして真申し訳ありませぬ!!!

元気でやっておりますです。
金は無いけど・・・

ありがとうございます。

いい話を読ませてもらいました。ありがとうです。

自分も物心ついた頃には爺ちゃんはおらず・・・孫の中で末っ子だったせいもあり
婆ちゃんっ子だったもんで・・・。また改めて、ちゃんとお墓参りに行ったりしよう。
って思いました。

猫丸さんにとっての思い出が「お団子」なら、自分は「ヤクルト」です。
顔を合わせる度に「ヤクルト飲みなさいよ。」なんですよね。
成人になってからはちゃんと(?)「ビール飲みなさいよ。」になっていたけど・・・(笑

決して自らを驕る訳ではないのですが、爺婆にとって、孫である自分は宝だったんだと、家庭を持ち、子供ができ。そして自分の親を見ていて初めて本当に
そのことが分かったような気がします。

場所

おばあちゃんとの一緒に時を過ごした場所。
知らない間に猫丸さんとおばあちゃんとの場所、子供達が知ってることもありえそうですね。
おばあちゃんしっかりお墓から言葉をかけてくれるのですから、また訪れてあげなくっちゃね。

私もこしあん派です。

うちのばあちゃんは子供の頃亡くなりました。父方の祖母で、父は結構兄弟では下の方なんだけど、何故か家に居て、よく小遣いをくれました。

亡くなったときは、母が号泣していたのを思い出します。

母も、確か今年で70歳か...時が経つのは早いなぁ

woowooさん♪

うちもね。「おじいちゃん・おばあちゃん」と言える人は母方のばあちゃんだけだったから・・・
おまけに、ばあちゃんにとってワシは『初孫』だったから余計に可愛がってくれてね。(つД`
ほんとに良くして貰っただよ。
「猫丸の子供を見るまで死なない」って言ってくれてたんだが・・・ねぇ。




ワシの二頭身の画像???
先日、カカシさんに初めて会ったときに・・・
「ブログの似顔絵と同じだったら、すぐに判ったよ♪」と言われただよ(´・ω・`)
今度、二頭身の似顔絵書いてみっか・・・きっとwoowooさんの想像通りかもよ!

カカシさん♪

ワシも母方のばあちゃんと父方の爺様←後に父の長兄と知る
しか居なかったからね。
ばあちゃんとの思い出って・・・・
本当に懐かしいものばかりだよ!!
ワシが料理好きになったのも、ばあちゃんが教えてくれたものとか
ママゴトを一緒にやってくれてね・・それで覚えたものとか結構あるし。
すっげー元気だったからさ、まさか亡くなるとは思わなくてね。

坊主達を見て貰いたかったよ。すっげー楽しみにしてたから。
坊主達にもワシと同じ楽しみを体験して欲しかったしねぇ。
久々にゆっくりと時間の流れを体感したってゆーのかな・・・・・
忙しいと昔の思い出に浸ってる暇も無いでしょ?
リフレッシュ出来たよ!!!!
ばあちゃんが見てるからさ。きっと・・・・・・・・

ねこママさん♪

ねこママは一緒に暮らしてたのかぁ・・・・
羨ましいのぉ。
ワシ・・・・ばあちゃんが都内に居たんだが
毎日ずっと一緒に暮らせたら良いなぁ~と思ってたからさ。

せめて坊主達を見てから逝って欲しかったと切に思うのよ。(つД`

ドドリアさん♪

おうっ♪

元気で良かったよ♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もう、喋ったから良いよね?(´・ω・`)
何かあったら、また
お仕置きすっから( ̄∇ ̄)y─┛~~

たまひよ師匠♪

ライブ成功おめでとございます♪

次回はもっと早く・・・・・・・・・・お知らせ下さい(゚Д゚)y─┛~~ 
絶対、見に行きますから近郊だったら(゚Д゚)y─┛~~ 

おばあちゃん。きっと、師匠の事を待ってますよ。
奥様と姫と一緒に挨拶に行って下さいな!

「ヤクルト」
本当にばあちゃんってば・・・・自分らの好きな物とか体に良いモンとか
考えてくれてんですよねぇぇぇ。(つД`
ワシが行くと必ず好きな、おかずばっかり揃えてくれてるんですもん。(つД`

曾孫の顔を見せてやりたいと・・・・本当に本当に思ってましたがね。
でも!!!きっと今も見守ってくれてると思ってますよ。
たまひよ師匠のばあちゃんもきっと☆彡

子供が出来ると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
価値観とか考え変わりますよね!???
ワシもそうです(`・ω・´)

グレートオジンガーさん♪

おうっ♪

ワシは、ばあちゃんの墓参りは年に5回以上は行ってまっせ(`・ω・´)
なんだか・・・行かないといけない気がしてね。
必ず暇がある時は行っとります。
一人でもね♪

ふっと無性に逢いたくなる時があるんですわ。
行きたくなる時が・・・・・
嬉しい事や嫌な事があると墓前で愚痴を吐いたり報告したりしてますな。

今回は二人にも聞こえたのでビックリしましたが・・・・・
『良き声』を聞いたんだと思っとります。

しぇんかぁさん♪

おお☆彡
しぇんかぁさんも「こしあん派」ですかっ♪
どーも「粒あん」は・・・・歯に大豆の皮がくっついて・・いかんです(゚Д゚)y─┛~~ 

しぇんかぁさんの母上が号泣って事は・・・きっと『優しい姑さん』だったのでしょうね。
すんません。嫁となった今・・・・・
ばあちゃんの事ってのが、どーしても『ヨメシュー』に繋がってしまう自分です(||||▽ ̄)
きっと母上様も大事になさってたと思いますよ!
ワシも姑が亡くなったら号泣しますもん!!!!!!←親父の母上

人間ってのは「道理」で分かっていても『死』を目の当たりにすると悲しいもんです。
亡くなった人の面影をいつまでも・・ワシのように引きずってたりね。

自分が歳を取るのと同時に親もね。
ワシも最近は実家の手伝いと言いつつ・・半分、介護みたいなもんですもん。
父親はもう・・・・・・母親がシャッキリしてるのが救いみたいなもんですよ。

まっ・・・・・・・・・・ワシも相当、衰えてますがね(||||▽ ̄)
昨日。仕事人で単発女王から離脱しましたよ( ̄∇ ̄)y─┛~~





プロフィール

猫丸

Author:猫丸
★登場人物★
猫丸・・主婦湿疹とPMS持ちの主婦。内職で大好きなビール代とパチンコ代を稼ぐ
親父・・猫丸の旦那。
    ガンプラとゲームが大好き
長男・・中学2年生。物凄いマイペース(||||▽ ̄)
次男・・小学6年生。親父の血を色濃く継ぎガンダム大好き



本館へ


★お友達サイト★

(足跡の足跡)めんたる系


パチンカス伝説~神風特攻組一番隊隊長~


ちびてつの成長日記


ももの独り言


今日も五月晴れ!?


mocomoco日記


しろくまおやこ(^(ェ)^) *育児マンガ絵日記*



↑ みさきさんから頂きました♪

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。